当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

四聖諷経(ししょうふぎん)

  • URLをコピーしました!
目次

四聖諷経(ししょうふぎん)

祝聖に於いて四聖を讃える諷経をすること。法式としては、監寺和尚が南無阿弥陀仏で経行し、前門敷居上の中央に置かれた香炉前の円座にまで進む。展具を見届けた維那は、拾い読みで四聖を称える陀羅尼を唱え、それぞれの結讃の諷経をする。監寺和尚は読経に添いながら、巡に四聖に向かって拝をする。

黄檗宗のことなら何でも分かる事典
蓮華

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる