当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

五徳山水澤寺

目次

詳細

創建不詳(推古天皇の朝)
開山恵灌僧正
開基飛鳥時代上野国の国司高光
本尊十一面千手観世音菩薩

縁起

水澤観世音はおよそ1300年前、推古天皇・持統天皇の勅願により、高麗の高僧 恵灌僧正によって開基されました。また、五徳山 水澤寺の名称は、推古天皇の御宸筆(ごしんぴつ)の額名によるものです。

ご本尊は国司高野辺家成公の三女 伊香保姫のご持仏であったと伝わる十一面千手観世音菩薩。霊験あたらたかなること、特に七難即滅七福即生のご利益が顕著です。

開山当初は、御堂の数三十余宇、御仏の数一千二百体にも及びましが、再三の災火により焼失しました。現在の建物は大永年間に仮堂を建立し、宝暦から天命に至る三十三ヶ年の大改築によって完成致しました。

水澤観世音について

写真

アクセス

住所

〒377-0103
群馬県渋川市伊香保町水沢214

水澤観音本堂

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる