当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。
目次

詳細

創建元禄8年(1695年)
開山鉄眼道光
開基
本尊釈迦如来

縁起

当寺の五百羅漢像は開基の松雲元慶(1648年 – 1710年)が独力で彫り上げたものである。松雲は京都の出身で、「鉄眼版一切経」で知られる黄檗宗の僧・鉄眼道光に師事した。松雲はある時、豊前国の羅漢寺(大分県中津市本耶馬渓町)の五百羅漢石像を見て、自らも五百羅漢の像を造ることを発願した。貞享4年(1687年)、40歳で江戸に下向した松雲は托鉢で資金を集め、独力で五百羅漢像など536体の群像を造る。羅漢寺の創建は元禄8年(1695年)のことで、松雲が開基、師の鉄眼が開山と位置づけられている。当時の羅漢寺は本所五ツ目(現在の東京都江東区大島3丁目)にあった。彫像は当初は536体あったが、近代以降、寺の衰退時に多くが失われ、羅漢像287体を含む305体が現存している。

Wikipediaより

歴代

開山鉄眼道光
2代松雲元慶
3代宝洲道聡
4代象先元歴
5代栄朝浄陽
6代春機浄杲
7代嫩桂浄馨
8代雪江浄滔
9代徳門浄修
10代雪村衍髄
11代雪江浄滔
12代克明衍文
13代霊峰衍真
14代慈門衍深
15代西来衍柏
16代玄同衍妙
17代湛江衍丈
18代玄之衍玄
19代湛江衍丈
20代玄同衍妙
21代支鍊眞鍊
22代彌天如安
23代英倫
24代獅絃衍音
25代
26代希禅弘法
27代慧海仁廣
28代芝玉
29代
30代桂悟
31代道龍廣瑞
32代泰玄弘信
33代崇山通仙
34代桃林廣仙
35代妙照廣圓尼
36代錦楓慈雲
37代青山妙雲
38代白峰照雲
39代竜誉晃道
40代佐山拓郎

写真

アクセス

住所

〒153-0064
東京都目黒区下目黒3丁目20−11

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる