当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

山鹿流陣太鼓(やまがりゅうじんだいこ)

  • URLをコピーしました!
目次

山鹿流陣太鼓(やまがりゅうじんだいこ)

儒学者であった山鹿素行は、隠元禅師と面談し、また木庵禅師に参禅したことがある。黄檗山に於いて、かつて聞いたことのない「七五三の刻み打ち」 の開枕太鼓を聞き、この打ち方を陣太鼓に取り入れればきっと志気を鼓舞できるに違いないと考え考案したのが「山鹿流陣太鼓」だと伝えられている。 ただし、根拠立てるものはない。

黄檗宗のことなら何でも分かる事典
蓮華

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる