当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

掛搭(かとう)

目次

掛搭(かとう)

搭は搭鈎、すなわち、ものを釣るかぎのこと。初めて叢林に入る者が、衣鉢袋を僧堂の単の鈎に掛けたことから始まり、修行僧が一定の寺に止住することをいう。=掛錫

黄檗宗のことなら何でも分かる事典
蓮華

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる