当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。
目次

詳細

創建明暦3年(1657年)
開山鳳山元瑞
開基白河藩主本多能登守忠義
川瀬作兵衛吉次
本尊釈迦牟尼仏

縁起

明暦3年、白河藩主本多能登守忠義が、城の鎮護のために弁財天を安置したのが始まりである。当初は寺号を大珠庵と称していた。忠義の子下野守忠平は、翠厳道静和尚を招じ、寺号を龍興山大雲寺と改称。松平大和守基知の代、元禄8年から正徳2年にかけ、諸伽藍を整備。本堂・禅堂・開山堂・弁財天堂・鐘楼・庫裡・客殿・書院等の諸伽藍が完成した。このとき黄檗山萬福寺の末寺となった。宝暦5年大雲山龍興寺と改称、現在に至る。

当時の龍興寺は、禅の道場としての役割と修行僧の宿としての役割を担っていた。修行のために全国をめぐり歩く修行僧の宿泊記録が一部残されている。

寺院録

歴代

開山鳳山元瑞
2代覚禅元定
3代金龍浄珠
4代星川浄壽
5代日山衍和
6代眞宗衍傅
7代蓮峯 紅
8代萬山如青
9代維石真巌
10代祥雲真瑞
11代希禅弘法
12代鳳林仁瑞
13代虎林廣勇
14代剛雄智温
15代仁兆明秀

写真

アクセス

住所

〒961-0925
福島県白河市向新蔵131

龍興寺本堂

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる