当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

黒滝山不動寺

目次

詳細

中興年1675年
中興開山潮音道海禅師
中興開基高源元泉|市川圓慶|白石了源|小柏一灯
本尊釈迦牟尼仏

由緒

仏法僧のなく秘境、南牧谷の奥深く日東岩・星中岩・月西岩の三岩鼎立する大絶壁から四時滝しぶきの舞う景勝の地に有り。

伝承行基御作の秘仏不動明王像を祀り、西上州の奥院と呼ばれ、厄除け不動の霊場として千余年の歴史を伝えている。

江戸時代(延宝3年)に徳川5代将軍綱吉公、桂昌院、諸大名が帰依した潮音道海禅師が再興して黄檗・黒滝派(緑樹派)の中心道場とした由緒をもつ。国定公園内にあり。

黄檗宗寺院録より

アクセス

住所

〒370-2801
群馬県甘楽郡南牧村大字大塩沢1267-1

黒滝山不動寺

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる