当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

龍目井(りゅうもくせい)

目次

龍目井(りゅうもくせい)

黄檗十二景の一。 黄檗山総門前広場にある左右二カ所の井戸のこと。 寛文元(1661)年冬、隠元禅師が掘られた井戸で、自らこれを「山に宗あり水に源あり 龍に眼あり 古に耀き今に騰る 雲を興し雨を致して 以て民時に及ぼす 源頭澄徹 昼夜 間を靡し 以て民の用とするに足る故に名く」と記されている。

黄檗宗のことなら何でも分かる事典
蓮華

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる