当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。

坐禅?座禅? 正しい漢字はどっち?

ZENがグローバルワードになり、世界中から禅が注目される中、日本でも禅に取り組む方が増えてきましたね。

いろんなお寺でも坐禅(座禅)が行われるようになり、ネット上でもたくさんの坐禅(座禅)体験会や組み方、やり方などの情報を見かけるようになりました。

ですが、その表記はさまざまで、「坐」禅と書かれていたり、「座」禅と書かれていたりします。どちらも読み方は同じ「ざぜん)です。

この記事では、その表記の違いについて、ご説明いたします。

目次

「坐禅」と「座禅」 どちらが検索される?

雑誌や新聞やネット記事、さまざまなところで見かけるこの言葉。

いまや坐禅(座禅)会もネットで探しますよね。

まずは、お決まりのGoogleさんに聞いてみました。

検索ヒット数
坐禅約 2,980,000 件
座禅約 3,840,000 件
※記事執筆時

大きな差はないものの、「座禅」のほうが多いですね。

「坐禅」と「座禅」 漢字の違いは?

この「坐禅」と「座禅」。漢字に違いがあるわけです。

それぞれの言葉を調べてみましょう。

「座」

①すわる。すわる場所。また、おさまる地位。くらい。「座席」「王座」 ②集まり。つどいの席。「座談」「満座」 ③中世の商工業の同業組合。 ④江戸時代、貨幣などを造った公設の機関。「金座」「銀座」 ⑤能楽・歌舞伎(カブキ)などの団体。また、舞台や劇場。「高座」 ⑥星のやどり。「星座」 ⑦ものをすえる台。「台座」 ⑧神仏の像などを数える語。 ⑨います。「いる」「ある」などの尊敬語。

goo辞書
「坐」

①すわる。ひざまずく。「坐臥(ザガ)」「坐相」 ②いながら。何もしないで。「坐視」 ③そぞろに。なんとなく。「坐見」 ④罪にふれる。まきぞえ。「連坐」 ⑤おわす。まします。「いる」「ある」「行く」などの尊敬語。

goo辞書

同じ「座」「坐」という字ですが、その意味は異なるのです。「座」がすわる場所を表しているのに対し、「坐」はその動作を表しています。

よくよく考えると、座布団や座敷という言葉は、場所ですよね。とすると、坐禅(座禅)はその場所を表しているのではなく、動作を表すことになるので、「坐禅」が正しいように思われます。

「坐禅」と「座禅」 お坊さん的には?

「坐禅」と「座禅」 漢字の性質による違いは理解しました。

そこで、本家本元のお坊さん(禅宗)的にはどちらなのか、聞いてみました。

筆者
座禅(坐禅)の表記は、見るものによって「坐」だったり、「座」だったりするのですが、どちらが正しいのでしょうか?
お坊さん
「座」という字には、「まだれ」がついている。「坐」にはついていない。「广」という字は「屋根」や「家屋」を意味するので、「座」を使うときは、屋内に限定されることになる。
筆者
屋内に限定される必要はない・・・?
お坊さん
その通り。坐禅は場所を問わず行うことができ、屋外でも行う。坐禅をイメージすると禅堂や僧堂で坐禅をしているイメージが強いかもしれないが、僧侶はいつでもどこでも、坐禅をする。また、坐という字は動作を表し、座という字は場所を表すということもある。
筆者
なるほど。テレビや雑誌などのメディアでは、よく「座」の字が使われているように思いますが、この点はどう思いますか?
お坊さん
たしかに、「座禅」という表記が多いのは事実でしょう。これは常用漢字に「坐」の字が含まれていないからいたし方ないことなのかもしれない。ですが、最近では、僧侶が監修に入っている記事等は、「坐禅」と正しい表記をするようになってきているように思います。
筆者
本来は、「坐禅」と表記されるべきだが、常用漢字ではないので、「座禅」と表記されてしまっているということですね!

結論 「坐禅」が正しい!

どちら間違っているというわけではなさそうですが、厳密には、以下の2点から「坐禅」が正しいようです。

  • 「坐」という漢字は動作を表し、「座」という漢字は場所を表す。
  • 「座」という漢字につく「广(まだれ)」は、家屋や屋根を意味し、屋内であると限定してしまうため、屋内外問わず行う「坐禅」とするのが正しい。

テレビや新聞では常用漢字ではないことから、「座禅」が使われてしまっているようですが、僧侶の監修により、正しい表記になってきているものもあるようです。

また、Googleで検索する際はSEO対策が重要になってきますので、記事を書かれる際に、みなさんが「座禅」と検索することが多いため、「座禅」という表記が多くなってしまっているようです。(意味を理解した上で記事を書かれているのであればよいですが・・・。)

以上、「坐禅」についてでした!

zen

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる