当サイトに掲載されている内容は各宗派・地域の慣習等によって異なる場合がありますので、予めご了承ください。
目次

詳細

創建寛文元年(1661年)
開山隠元隆琦
開基徳川家綱
本尊釈迦如来

縁起

開山・隠元隆琦は明の万暦20年(1592年)、福建省福州府に生まれた。29歳で仏門に入り、46歳の時、故郷の黄檗山萬福寺の住職となる。隠元は当時明においても高名な僧で、その名声は日本にも届いていた。

隠元が招かれて来日するのは明暦順治11年、日本の承応3年(1654年)、63歳の時である。当時の日本は鎖国政策を取り、海外との行き来は非常に限られていたが、長崎の港のみは開かれ、明人が居住し、崇福寺、興福寺のような唐寺(中国式の寺院)が建てられていた。隠元は長崎・興福寺の僧逸然性融らの招きに応じて来日したものである。はじめ、逸然が招いた僧は、隠元の弟子である也嬾性圭(やらんしょうけい)という僧であったが、也嬾の乗った船は遭難し、彼は帰らぬ人となってしまった。そこで逸然は也嬾の師であり、日本でも名の知られていた隠元を招くこととした。隠元は高齢を理由に最初は渡日を辞退したが、日本側からたびたび招請があり、また、志半ばで亡くなった弟子・也嬾性圭の遺志を果たしたいとの思いもあり、ついに渡日を決意する。

承応3年(1654年)、30名の弟子とともに来日した隠元は、はじめ長崎の興福寺、次いで摂津国富田(現・大阪府高槻市)の普門寺に住した。隠元は明に残してきた弟子たちには「3年後には帰国する」という約束をしていた。来日3年目になると、明の弟子や支援者たちから隠元の帰国を要請する手紙が多数届き、隠元本人も帰国を希望したが、元妙心寺住持の龍渓性潜をはじめとする日本側の信奉者たちは、隠元が日本に留まることを強く希望し、その旨を江戸幕府にも働きかけている。万治元年(1658年)、隠元は江戸へおもむき、第4代将軍徳川家綱に拝謁している。家綱も隠元に帰依し、翌万治3年(1660年)には幕府によって山城国宇治にあった近衛家の所領で、後水尾天皇生母中和門院の大和田御殿があった地を与えられ、隠元の為に新しい寺が建てられることになった。ここに至って隠元も日本に留まることを決意し、当初3年間の滞在で帰国するはずであったのが、結局日本に骨を埋めることとなった。

寺は故郷福州の寺と同名の黄檗山萬福寺と名付けられ、寛文元年(1661年)に開創され、造営工事は将軍や諸大名の援助を受けて延宝7年(1679年)頃にほぼ完成した。

黄檗宗大本山である萬福寺の建築は明時代末期頃の様式で造られ、境内は日本の多くの寺院とは異なった空間を形成している。また、多くの仏像が来日して長崎にいた清の仏師・范道生の作であり、大陸風である。寺内で使われる言葉、儀式の作法なども明朝風に行われる為、現在でも中国色が色濃く残っている[2]。本寺の精進料理は普茶料理と呼ばれる中国風のもので、植物油を多く使い、大皿に盛って取り分けて食べるのが特色である。萬福寺は煎茶道の祖・売茶翁ゆかりの寺としても知られる。隠元と弟子の木庵性瑫、即非如一はいずれも書道の達人で、これら3名を「黄檗の三筆」と称する。このように、隠元の来日と萬福寺の開創によって、新しい禅がもたらされただけでなく、さまざまな中国文化が日本にもたらされた。隠元の名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹、スイカ、レンコンなどをもたらしたのも隠元だといわれている。

Wikipediaより

年間行事

1日-3日
新年年頭法要
17日
百丈忌

歴代住持

道号法諱晋山唐・和
開山隠元隆琦寛文元年(1661)唐僧
2代木庵性瑫寛文4年(1664)唐僧
3代慧林性機延宝8年(1680)唐僧
4代独湛性瑩天和元年(1691)唐僧
5代高泉性潡元禄5年(1692)唐僧
6代千保性侒元禄9年(1696)唐僧
7代悦山道宗宝永2年(1705)唐僧
8代悦峰道章宝永4年(1707)唐僧
9代霊源海脈享保元年(1716)唐僧
10代旭如蓮昉享保2年(1717)唐僧
11代独文方炳享保4年(1719)唐僧
12代杲堂元昶享保8年(1723)唐僧
13代竺庵浄印享保20年(1735)唐僧
14代龍統元棟元文5年(1740)和僧
15代大鵬正鯤延亭2年(1745)唐僧
16代百痴元拙寛延元年(1748)和僧
17代祖眼元明宝暦4年(1754)和僧
18代大鵬正鯤宝暦8年(1758)唐僧
19代仙巌元嵩晋山前示寂和僧
20代伯玽照浩明和2年(1765)唐僧
21代大成照漢安永4年(1775)唐僧
22代格宗浄超天明6年(1786)和僧
23代蒲庵浄英寛政5年(1793)和僧
24代石窓衍劫寛政10年(1798)和僧
25代華頂如秀寛政12年(1800)和僧
26代妙庵如最文化6年(1809)和僧
27代金猊浄踞文政6年(1823)和僧
28代梅岳眞白文政10年(1827)和僧
29代璞巌衍曜天保2年(1831)和僧
30代独旨眞明天保8年(1837)和僧
31代若存通用天保12年(1841)和僧
32代楚州如宝弘化3年(1846)和僧
33代良忠如隆嘉永4年(1851)和僧
34代瑞雲眞芳安政6年(1859)和僧
35代独唱眞機明治3年(1870)和僧
36代金獅廣威明治5年(1872)和僧
37代萬丈眞光明治10年(1878)和僧
38代道永通昌明治13年(1880)和僧
39代霖龍如澤明治16年(1883)和僧
40代観輪弘乗明治18年(1885)和僧
41代虎林弘嘯明治33年(1900)和僧
42代蓬山眞仙明治37年(1904)和僧
準世代又梅享運和僧
43代紫石仁珠明治39年(1906)和僧
44代伯樹弘森明治44年(1911)和僧
45代英巌通璋大正5年(1916)和僧
46代大雄弘法大正7年(1918)和僧
47代直翁廣質大正14年(1925)和僧
48代義道弘貫昭和7年(1932)和僧
49代玉田眞璞昭和14年(1939)和僧
50代徳寧仁悌昭和21年(1946)和僧
51代不説仁説昭和23年(1948)和僧
52代道元仁明昭和31年(1956)和僧
53代冝豊智昌昭和38年(1963)和僧
54代弘道弘久昭和39年(1964)和僧
55代慈光通照昭和42年(1967)和僧
56代禅梁智棟昭和48年(1973)和僧
57代玄妙廣輝昭和55年(1980)和僧
58代行朗仁傅昭和62年(1987)和僧
59代文照明質平成6年(1994)和僧
60代泰山智深平成13年(2001)和僧
61代亘令明宗平成20年(2008)和僧
62代博道智明平成27年(2015)和僧
各派による法系字の例外適用せず(唐僧除く)

写真

アクセス

住所

〒611-0011

京都府宇治市五ケ庄三番割34

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる